なぜのぼりと呼ばれるようになったのか

のぼりの概要説明

のぼりがのぼりと言われるようになった経緯

時は戦国時代。

群雄割拠の時代になり、様々な勢力が入り乱れます。

同盟相手との共同戦線もあり、連合で戦うことなどもあり、多くの勢力が入り乱れるようになりました。

また、同じ武家の中でも派閥の違いなどもありました。

それによって、どの兵がどこに属しているのか、それの区別がとても難しくなり、わかりやすい判別法が必要になりました。

さらに、この時代は下克上や手柄を立てて出世することが重要な時代でもあります。

どこの武将の部隊に所属しているのかなども示し、全ての兵や小隊が自分たちの活躍ぶりをはっきりと証明することが大切になってきたのです。

そこで用いられるようになったのが、見えやすい旗であるのぼりであるそうです。

旗色が悪いというような言葉を聴いたことがあると思います。

状況がよくないという意味ですね。

これは戦国時代に、指揮をとっていた大名が戦の形勢を戦場におけるのぼりの色を見てていたためうまれたのではないかと言われています。

それよりもはるか以前の戦いに際しては、まだのぼりは用いられていなかったと言われています。

この時には、戦う勢力の数が少なく、例えば、源氏か平氏かの区別しかなかったようです。

そのために、味方の区別が難しくなく、同士討ちが起こることはあまりありませんでした。

所でただの旗、でよかったのになぜ「のぼり」と言われるようになっていったのか。

それは、願いが天に「のぼる」よう願いを込めて作られたからだそうです。

戦はとても大切だった時代ですから、必勝祈願のようなものが由来としてあるかもしれませんね。ちなみに、現代の戦のぼりの役割を担っているのは、ユニフォームだと思います。参考 - NUC公益財団法人日本ユニフォームセンター
野球やサッカーの応援の事を思い出すと、分かりやすいですね。


Copyright (C) www.avro-lancaster.com. All Rights Reserved.

のぼりの概要説明