のぼりのデザイン

のぼりの概要説明

のぼりのデザイン

どんなものでも、用途一つ一つにあわせたデザインがあります。

のぼりもその例外ではありません。

用途に合わせて作られてきています。

はるか以前からのぼりは用いられています。

今現在においても広範囲で用いられています。

用途、使用目的の違いが影響し、それぞれ違ったようにデザインがなされ、そのデザインの数はかなりのものとなっております。

色使いなど特に深く練られるようになったと思っています。

飲食業用ののぼりで食欲をむしろ落としてしまうような、食欲を落としてしまうようなものにするわけにはいきませんからね。

それが大きく影響していると思います。

実際、飲食業には、食欲を刺激する赤色を中心とした暖色を使っている物が多いと思います。

また、かき氷の宣伝なんかでは冷たさを感じさせる青色を使ったりしています。

過去の伝統でも色々あります。

守るべきところ、変えていくべきところ。

今と昔では色々環境が変わり、用途が変わってしまっているのですからそれは当然です。

昔のやり方に感情的に固執するようなことはせず、刷新すべきものは刷新していきましょう。

技術の進歩もあり昔では難しかったようなデザインも今では簡単なんてものも少なくありません。

もちろん今の日本で売っているところは、過去の実績があります。

こんな効果をもった物が欲しいんだということを伝えれば、オススメや既製品を出してくれるところもあります。

さらに、独自にデザインしたい、こだわりがあるんだという方に向けたオーダーメイドのものもあります。

そういった独自のデザインは、話し合いにより深めてお互いに納得のいく独自ののぼりを作っていく良い機会となっております。


Copyright (C) www.avro-lancaster.com. All Rights Reserved.

のぼりの概要説明